CSR

安全衛生配慮

メタルワン・スチールサービスでは、社内の安全を確保する為の設備改良を『安全衛生管理年間計画』に盛り込んでいます。また、従業員の安全衛生啓蒙活動も積極的に行っております。

1. 危険体験訓練

ロール巻き込まれ体験

先端に軍手を取り付けたフェルトパッドを手に見立て、ロール巻き込まれ事故の怖さを体感。

一旦、ロールに巻込まれると回避不可能。

訓練に使用した軍手は、指がちぎれ、
ボロボロになりました。

重量体感

写真のコイルは一見、薄くて軽そうに見えますが、実は重さ300kgもあります。倒れ掛かった際に思わず心理的に手で支えようとするが、支えきれず、大きな事故に繋がる危険性があります。

クレーンを使い、コイルを徐々に傾けて行き、
どの辺りで支える事が不可能になるのかを体験。

※新入社員には、1年間黄色いヘルメットを被らせ、ベテラン社員が安全衛生監視する体制を整えています。

 

クレーンの吊りワイヤーによる指の挟まれ

誤った作業方法により、吊り荷(コイル)と吊りワイヤーの間に指をはさんだまま、クレーンを上昇させ吊り上げてしまった場合の衝撃を体感しました。

 

指に見立てた竹棒が、大きな音を立てて割れました。

2. メンタルヘルス

従業員の心の健康の維持、改善を目指す啓蒙活動を行っています。
事業の継続には、従業員の身体の健康のみならず、心の健康も衛生配慮上、非常に重要と考え、安全衛生委員会では、メンタルヘルスの教育ビデオ上映など、継続的に活動しております。

3. 工場外壁の視界改善

門真サービスセンターの見通しが悪かった外壁を撤去し、金網タイプに変更することで、視界を改善しました。
また、回転灯を設置することで安全配慮体制を向上させました。(2012年 門真SC)

4. コイルの転倒防止対策

幅が狭く不安定なコイルであっても、倒れ難いコイル置き台を製作しました。
縦穴に倒れ防止パイプを差込み、転倒を防止します。(2012年 船橋SC)