事業紹介

薄板鋼板について

■素材(コイル)

スラブ(熱い鉄の塊)から熱間仕上圧延機にて成形・加工された鋼板。
中でも、酸洗処理を施した物を熱延酸洗鋼板と言う。
 
用途例
自動車
産業機械
建設機械

■冷延鋼板

熱延鋼板を常温下で冷間圧延した薄板。
熱延鋼板より厚さが薄くなっているだけでなく、美観・寸法精度が向上する。
 
用途例
自動車
スチール家具

■溶融亜鉛めっき鋼板

熱延鋼板、冷延鋼板を素材として、溶融亜鉛中に沈め、めっき(金属の薄い皮膜)を施した鋼板。
亜鉛めっきを行うことにより、耐食性が向上する。
 
用途例
自動車
家電
建材

■電気亜鉛めっき鋼板

熱延鋼板、冷延鋼板を素材として、電解作用による方法で亜鉛をめっきした鋼板。
表面が平滑・美麗で、素材と同等の加工性能・溶接性能を持つ。
また、めっき表面に各種の化成処理を施すことにより、耐食性の向上、潤滑性の向上等、お客様の多用なニーズに対応。
 
用途例
ドア
配電盤
パネル

■ぶりき・ティンフリースチール

薄い冷延鋼板表面に、主に電解作用による方法にて、錫(スズ)をめっきしたものをぶりきと呼ぶ。
高価な錫を使わない代用品として開発されたのが、ティンフリースチールです。
錫めっきの代わりに、電解クロム酸処理を施す等の方法が採用されています。
 
用途例
食缶、飲料缶等の各種缶類
電機部品等